Natural Diamond

Diamond Ring
K18 Diamond Rings

ほかに類を見ない美しさ、光沢、輝きを持つダイヤモンド。

無色で(Color)
無傷、透明度の高い(Clarity)
美しくカットされた(Cut)
大きな石(Cart)

が最上の石とされます。

年間に採掘されるダイヤモンドの80%が宝石には不向きで、多くは商業用として利用されているそうです。
宝飾用に選ばれた20%のダイヤモンドは、品質を評価する国際基準(4C)でランク分けされます。

色に関しては、青みを帯びているものが最上とされ、黄味がかっているものほど評価が下がりますが、はっきりとした黄色のダイヤモンドは「カナリー」と呼ばれ、高く評価されています。

「ホープ」と呼ばれる青、ピンク、レッド、ブラウン、グリーンといったカラーダイヤに関しては色のはっきりしている石が最上とされます。

 

ダイヤモンドが初めて発掘されたのは、紀元前4、5世紀のインド。
硬すぎて磨くことが出来なかったダイヤモンドはその強度が尊ばれ、兵士の護符として剣や盾の飾りに使われたり、宗教的なオブジェや魔除けに利用されていたそうです。

15世紀にオランダ人の職人が、地球上で最も固い鉱物であるダイヤモンドをダイヤの粉で磨くことを思いつき、ダイヤモンドに光と輝きが与えられました。

17世紀には石の上面に24の三角形の面(ファセット)を配したローズカットが登場。

17世紀の終わりにベネチアの職人によってブリリアントカットが考案され、ダイヤモンドはその比類なき輝きによって宝石の王者と呼ばれるようになりました。

ブリリアントカット以外にもエメラルドカットやバケットカットなど様々な形にカットされ、多くの女性を魅了しています。

K18 Diamond Ring / Emerald cut

 

18世紀にはブラジル、19世紀にはアフリカでもダイヤモンドが発見され、採掘されるようになりました。

20世紀にはいるとオーストラリアでもダイヤモンドが見つかり、アーガイル鉱山で発掘された多くのカラーダイヤモンドが流通するように。

ブライダルリングとしてピンクダイヤが注目を集めたり、ファッションジュエリーにシャンパンダイヤやブラウン、イエローやブラックといったカラーダイヤが用いられるようになりました。

今日では敢えてトリートメント(放射線照射や高温高圧処理など)をせずに、原石にカットを施したナチュラルダイヤモンドや、カットも研磨せずに、原石の魅力を楽しむラフダイヤモンドが注目されています。

ナチュラルダイヤモンドは4Cの基準で評価すると判定外なのですが、ダイヤモンドのありのままの魅力を楽しめる石として、十数年前から人気を集めています。

研磨することで透明になる石もあれば、色のあるもの、内包物を含んだものというように、様々なバリエーションがあり、一つとして同じものはないオリジナリティーが魅力です。

 

雪のようなホワイト

K18 Natural Diamond Ring / Oval Shaped WH

 

太陽の輝きを称えたオレンジ

K18 Natural Diamond Ring / Pear Shaped OR

 

大地を思わせる落ち着いた色味のレッド

K18 Natural Diamond Ring / Round Shaped RD

 

生命と植物を感じさせるオリーブグリーン

K18 Natural Diamond Ring / Square Shaped GR

 

インクルージョンが印象的なクリア

K18 Natural Diamond Ring / Pear Shaped GY

普段使いしやすい様に地金部分には艶消し加工を施し、引っかかりにくいベゼルでセッティングしています。

 

各々の石にそれぞれの個性が光り、見る角度によって表情が変わる。

時間を忘れてずっと眺めていたくなる。そんなリングに仕上がっています。

Color Stone Rings

Bezel setting rings
K18 Color Stone Rings

今日は立春。
暦の上では春とはいえ、まだまだ寒い日が続きます。

私が暮らす東京は一昨日も雪が降り、ウールのニット、カシミヤのマフラー、ツイードのコートといったアイテムの出番はまだまだ続きそうです。

 

ジュエリーに関しては、肌の露出が少ない冬場はリングの出番が多く、服と同じように重ねるコーディネートをすることが多いです。

 

寒い日や曇り空の日は、気分が上がるカラーストーンの重ね付けがおすすめ。

K18 Tourmaline Ring / Indicolite

リングをつける上で気になるのが、衣服に爪が引っかかってしまう事。
ふとした瞬間にニットに引っかけてしまった経験がある方も多いのではと思います。

 

中でも立て爪のソリティアリング(1粒の宝石をアームの中心にセッティングした指輪)は引っかかりやすいので、扱いには注意が必要。

そんなこともあって、ニットを着ることが多い冬場は、地金のシンプルなリングにベゼルセッティングのリングを合わせる事が多いです。

 

冬のコーディネートや普段使いにおすすめのカラーストーンをベゼルセッティングした、ソリティアリングをご紹介します。

 

カジュアルに楽しめるダイヤモンドのリング。

ペアシェイプのイエローダイヤモンドは、横に広いカジュアルな印象の石をセレクト。
爪を使わず伏せ込みでダイヤをセッティング(ベゼルセッティング)しているので、衣服などに引っかけてしまうことがありません。

K18 Natural Diamond Ring / Pear Shaped
K18 Natural Diamond Ring / Pear Shaped

 

愛らしいピンク色が印象的なピンクトルマリン。

K18 Tourmaline Ring / Pink
K18 Tourmaline Ring / Pink

 
淡いピンクと優しいグリーンのコントラストが美しいバイカラートルマリン。

K18 Tourmaline Ring / Bicolor
K18 Tourmaline Ring / Bicolor

 
深海を思わせる深いブルーグリーンが印象的なインディゴライトトルマリン。

K18 Tourmaline Ring / Indicolite
K18 Tourmaline Ring / Indicolite

 
いずれのリングも地金に艶消し加工を施しているので、肌なじみが良くコーディネートを選ばずお使いいただけます。

トルマリンのタイプは指馴染みや機能性を考慮して、高さを抑えた石座にセッティングしているので、リングをつけたまま手袋をはめることもできます。

Herkimer Diamond Necklace

K10 Herkimer Diamond Necklace
K10 Herkimer Diamond Necklace

産出時の何も手を加えていない状態で、高い透明度とダイヤモンドのような輝きを放つハーキマーダイヤモンド。
「ダイヤモンド」という名前を冠してますが、鉱物学的には水晶です。

その高い透明度とダイヤモンドのような輝きから、採掘された地名にちなんで「ハーキマーダイヤモンド」と呼ばれるようになりました。

 

ニューヨーク州ハーキマー地区でのみ産出されるこの石は、約5億年前、ニューヨークが海の底だった頃に、古代地層を形成する鉱物の空洞内に生まれました。

無加工の状態で両剣・両錘(ダブルターミネーティッド)の形を持ち、どこか神秘的な印象のこの石は、まるで種のような形をしていることから、「ドリームクリスタル」とも呼ばれます。

希望の種、才能の花を咲かせる種、エネルギーにあふれた種…。
チャンスを呼び込み、夢の実現を助ける効果があると言われています。

 

小粒ながらも存在感のあるハーキマーダイヤモンドを、チェーンにあしらったシンプルなネックレス。
他のネックレスとの相性も良いので、ミドルレングスやロングネックレスとの重ね付けもおすすめです。

K10 Herkimer Diamond Necklace
K10 Herkimer Diamond Necklace