今日は朔日。

朔(さく、new moon)とは、地球から見て月と太陽が同じ方向となり、月から届く光が地球にほとんど届かないこと、またその時刻を指します。

朔は新月と同義で、古来より始まりの日という扱いを受けてきた日。
陰暦(別名「太陰暦」)では朔日を月の始まる日とするそうです。

朔日は、新しい物事を始めるのに適した日であり、願い事を託すのに最適な日、と言われています。

 

物事の始まりを表す「朔」にちなんで、植物の芽生えをモチーフにしたダイヤモンドのネックレスをご紹介します。

K18 Grow Diamond Necklace
K18 Grow Diamond Necklace

春を迎え、新芽が土から顔を出し、小葉(双葉)が開き、本葉が育つ。
やわらかな日差しを浴びて瑞々しく輝く新芽の様子をローズカットのダイヤモンドで表現しました。

ローズカットは16世紀後半にオランダで発明されたカッティングスタイルです。
裏面はフラット、表面は薔薇の蕾を思わせるドーム型にカットされ、その繊細な輝きは、水面に反射する光のようだと称えられました。

小葉をペアシェイプ、本葉はマーキスシェイプのダイヤモンド。
2石のダイヤモンドは、誕生と成長を表現しています。

葉は植物のエネルギーを形にしたモチーフ。
「芽吹く」は 幸運がめぐってくるという意味でも使われ、 願いが叶う象徴でもあります。

コーディネートを選ばないシンプルなデザインのネックレス。
アミュレットとしてもおすすめです。

 

2018年が皆様にとって素敵な年となりますように。
本年もよろしくお願いいたします。

Taper Cut Earrings & Necklace

K10 Taper Bucket Cut Earrings
K10 Taper Bucket Cut Earrings

宝石の外周が四角形に型どられ、ファセットがガードルに対して平行に削られているものをステップカットと呼びます。
近年ではブリリアントカットの後塵を拝していますが、アールデコ時代には大変な人気を誇っていました。

 

プリンセス(正方形)、バケット(長方形)、テーパーバケット(台形)、エメラルド(長方形の角を落として八角形にしたもの)といったカットがありますが、個人的に一番好きなのが、テーパーバケットカット。
最小限のカットで宝石を輝かせるテーパーバケットカットは、日本のわび・さびに通じるものがあると思います。

テーパーバケットは脇石に使われることが多いのですが、スリムなフォルム、シンプルなラインには何ともいえない魅力があります。

 

主石を輝かせるための脇石。
宝石を輝かせるためのカット。

「脇役を主役に」をコンセプトにデザインしたジュエリーは、潔さの中にも、どこか奥ゆかしさを感じるジュエリーに仕上がりました。

 

K10 Taper Bucket Cut Hoops
K10 Taper Bucket Cut Hoops

 

K10 Taper Cut Necklace
K10 Taper Cut Necklace

 

K10 Taper Cut Long Necklace
K10 Taper Cut Long Necklace

Pink Tourmaline

K18 Pink Tourmaline Oval Cut Necklace
K18 Pink Tourmaline Oval Cut Necklace

金木犀の甘い香りに、秋の訪れを感じます。

季節の変わり目に、服を新調したりコーディネートを考えるのは楽しいですよね。
今日は、秋のファッションのポイントにおすすめの、トルマリンのネックレスをご紹介します。

 

10月の誕生石でもあるトルマリン。

トルマリンの語源はセイロンのシンハリ語「色が混ざった石」を意味する「トゥルマリ/turmali」からきているといわれています。
「色が混ざった石」という言葉が示すように、トルマリンには、無色・紫・青・緑・黄・褐色・赤・ピンク・黒など、多彩なカラーバリエーションがあります。

ピンクトルマリンやグリーントルマリンというように、頭に色を付けて呼ぶことが多いですが、

・アクロアイト(無色)
・シベライト(赤紫)
・インディコライト(青)
・バーデライト(緑)
・ドラバイト(褐色または黄色)
・ルベライト(赤・ピンク)
・ショール(黒)

というように色によって別の名前がつけられており、希少性の高いネオンブルーのパライバトルマリンや、濃い緑のクロムトルマリンなどもあり、色味や希少性によって価値が変わってきます。

複数の色が混ざっているものも多く、2色はバイカラー、3色はトリカラーと呼ばれます。
バイカラーの中にはスイカを半分に切ったような色のものがあり、そちらはウォーターメロントルマリンと呼ばれています。

トルマリンは、インクルージョンの多い石でもあります。
日本では、傷の無い宝石や天然石が好まれる傾向がありますが、インクルージョンやクラックもまた、天然の鉱物ならではの魅力だと思います。

天然石ならではの魅力が感じられるピンクトルマリンにラフなローズカットを施して、K18ゴールドの枠にセッティング。
シックな色味のピンクトルマリンは、ゴールドとの相性も良く、肌の色に良く映えます。
カジュアルな装いにも合わせやすいシンプルなネックレスに仕上がりました。

K18 Pink Tourmaline Oval Cut Necklace
K18 Pink Tourmaline Oval Cut Necklace