Primitive Ring

K18 Primitive Ring
K18 Primitive Ring

 

ゴールド(K18)の線材を芯金に沿って丸める。
火を当てて接合部を繋ぐ。
ハンマーで叩いて形を整え、仕上げる。

 

プリミティブ( 根源的、素朴 )な手法で作ることから「Primitive Ring」と名付けた3本のリング。

金属を叩いて成形する鍛造という手法で作ることで、金属の結晶が整い硬度が高まるので、華奢さと強度を併せ持ったリングに仕上がります。

 

一般的に出回っているリングの多くは「鋳造」という手法で作られています。

鋳造とは、石膏などで作った「型」の中に空洞を作り、その空洞の中に熱して溶かした金属を流し込み、金属が冷えて固まったら、型を崩して中の金属を取り出すという方法です。
鋳造指輪の一般的な製法としては、「ロストワックス法」というのがあります。

ロストワックス法とは、簡単に言うと、ロウ(wax)を、なくして(lost)作る方法です。

指輪の原型をワックスで作り、そのワックスを木のように仕立てた「ツリー」を作る。
ツリー(ワックスで作った原型)のまわりを石膏で固め、石膏が固まった時点で石膏を熱して、ワックスを溶かす。(石膏の中にあるワックスが溶けてなくなることで、石膏の内部に空洞ができあがります。)

石膏の内部にできた空洞に、熱した金属を流し込み、金属が冷えて固まったら石膏を崩て指輪を取り出します。
最後に、指輪に仕上げ加工を施して完成となります。

ロストワックス法は同じ形の指輪を一度に大量に作る事ができ、複雑な形も作れるのが特徴ですが、圧力を加える工程がない分、強度が劣るのが難点です。

 

シンプルなデザイン
付けているのを忘れてしまうほどの着け心地
繊細でありながらも存在感のある佇まい
どこか暖かみを感じさせるゴールドの風合い
強度と指馴染み

鍛造で作ったいわば1点物のシンプルなリングには、様々な思いがつまっています。

 

鏡面に磨き上げた「Shine」

K18 Primitive Ring
K18 Primitive Ring / Shine

 
ヘアラインを施した「Matted」

K18 Primitive Ring / Matted
K18 Primitive Ring / Matted

 
テクスチャ―を施した「Rough」

K18 Primitive Ring / Rough
K18 Primitive Ring / Rough

 

手仕事の温もりを感じさせる、やさしい着け心地の3種類のリング。
シンプルに1本だけ付けるのもステキですが、重ね付けすることで、また違った表情がお楽しみいただけます。

Taper Cut Diamond Bracelet

K10 Taper Cut Diamond Bracelet

毎日暑い日が続きますね。
寒さに弱い私ですが、このところ袖の短い洋服を着る機会が増えてきました。

涼しげなコーディネートが増える春夏は、ブレスレットの季節。
身に付けると、所作が自然と美しくなるブレスレットは、付けるのもデザインするのも大好きなアイテムです。

初夏のコーディネートには、重ね付けもしやすくて、手首が華やかになる、繊細なチェーンブレスレットがおすすめ。

 

今の季節におすすめしたい、Altgraph のブレスレットをご紹介。

K10 Taper Cut Diamond Bracelet

ブレスレットの中央に配したテーパーバケッドカットのモチーフは、表をシャイン、裏面にはヘアライン加工を施して、表情に変化を付けました。

ダイヤモンドは石枠を使わず、直接チェーンに繋げているので、裏表、どちらの面でも美しく着けこなしていただけます。

Slice Diamond

K18 Slice Diamond Necklace
K18 Slice Diamond Necklace

板状に結晶化したダイヤモンドにカットを施したスライスダイヤモンド。
スタイリッシュな印象、シャープな輝きは、ブリリアントカットのダイヤモンドとは違った魅力に溢れています。

長い年月をかけて結晶化する間に含まれた内包物やクラック、結晶の形をそのまま活かしたフォルム。
二つとして同じものがないのも魅力です。

スライスダイヤモンドを繊細なゴールドの枠で巻き留めて、ネックレスに。
石の個性が際立つ、ユニークなジュエリーに仕上がりました。